ビーベットの悪い評判は本当?リアルな口コミを調査

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

教員等総覧データベース Comprehensive Database of Researchers ホーム  ›  検索結果一覧  ›  研究者詳細 Home  ›  search result  ›  detail English researchmapを見る› 旧データを見る› 閉じる› researchmap› old data› close› 研究者詳細情報最終更新日:2024年04月10日 Detaillast updated:2024/04/10 氏 名 name 山口 典之 / やまぐち のりゆき Yamaguchi Noriyuki 所属 department 総合生産科学域(環境科学系) Institute of Integrated Science and Technology(Environmental) 職名 official title 学位 degree E-mail 研究キーワード research interests 移動生態学,行動生態学,鳥類学 Movement Ecology,Behavioral Ecology,Ornithology 研究分野 research research_areas 生態学、環境学 Ecology and environmental science 学歴 education - 2001年 九州大学 理学研究科 - 2001 Kyushu University 理学研究科 経歴 experience 2021年09月 - 長崎大学 大学院水産・環境科学総合研究科 教授 2010年10月 - 2021年08月 長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科 Graduate School of Fisheries Science and Environmental Studies 准教授 2008年04月 - 2010年09月 東京大学大学院農学生命科学研究科 Graduate School of Agricultural and Life Sciences 特任助教 2007年04月 - 2008年03月 東京大学大学院農学生命科学研究科 Graduate School of Agricultural and Life Sciences 研究員 2006年04月 - 2007年03月 横浜国立大学大学院環境情報研究院 Faculty of Environment and Information Sciences 技術補佐員 2005年04月 - 2006年03月 立教大学理学部生命理学科 Department of Life Science, College of Science ポスドクフェロー 2002年04月 - 2005年03月 立教大学理学部生命理学科 日本学術振興会特別研究員 2021/09 - Nagasaki University Graduate School of Fisheries Science and Environmental Studies Professor 2010/10 - 2021/08 Nagasaki University Graduate School of Fisheries Science and Environmental Studies 准教授 2008/04 - 2010/09 The University of Tokyo Graduate School of Agricultural and Life Sciences 特任助教 2007/04 - 2008/03 The University of Tokyo Graduate School of Agricultural and Life Sciences 研究員 2006/04 - 2007/03 Yokohama National University Faculty of Environment and Information Sciences 技術補佐員 2005/04 - 2006/03 Rikkyo University Department of Life Science, College of Science ポスドクフェロー 2002/04 - 2005/03 Former Institution / Organization Rikkyo University College of Science Department of Life Science 日本学術振興会特別研究員 委員歴 committee memberships 2012年 - 2019年 Ornithological Science, Editor 2011年 - 2015年 Journal of Ethology, Associate Editor in Chief 2011年 - 2013年 Ecological Research, Editor 2006年 - 2011年 Journal of Ethology, Editor 2005年 - 2008年 Japanese Journal of Ornithology, Editor 2012 - 2019 Ornithological Science, Editor 2011 - 2015 Journal of Ethology, Associate Editor in Chief 2011 - 2013 Ecological Research, Editor 2006 - 2011 Journal of Ethology, Editor 2005 - 2008 Japanese Journal of Ornithology, Editor 所属学協会 association memberships 日本鳥学会,日本動物行動学会,日本生態学会 日本鳥学会,日本動物行動学会,日本生態学会 受賞 awards 2023年10月 日本動物学会 Zoological Science Award 2009年10月 Zoological Science Award 2023年10月 日本動物学会 Zoological Science Award 2009年10月 Zoological Science Award 論文 papers Structure and possible functions of the tail 'needles' in the White-tailed Needletail Hiroyoshi Higuchi,Hiroshi Yonekawa,Sayaka Mori,Satoshi Konno,Miwa Konno,Noriyuki M. Yamaguchi British Birds 116巻168頁-173頁 2023年03月 Discovery of a new breeding site for the endangered Japanese Murrelet Synthliboramphus wimizusume in Nagasaki, Japan. Noriyuki M,Yamaguchim,Takayasu Amano,Tomomi Kimura,Ryu-Ichi Mine,Kosuke Otsuki,Emi Yamaguchi,Toru Nakahara Marine Ornithology 52巻1号23頁-26頁 2023年03月 Impacts of predation by Large-billed Crows Corvus macrorhynchos on the colony of Japanese Murrelets Synthliboramphus wumizusume at Eboshijima, Japan Praeploy Kongsurakan,Toru Nakahara,Noriyuki M. Yamaguchi Marine Ornithology 2023年 GPS tracking of the two subspecies of the eastern buzzard (Buteo japonicus) reveals a migratory divide along the Sea of Japan Toru Nakahara,Kazuya Nagai,Fumitaka Iseki,Toshiro Yoshioka,Fumihito Nakayama,Noriyuki M. Yamaguchi IBIS 2022年07月 Satellite tracking of migration routes of the Eastern Buzzard (Buteo japonicus) in Japan through Sakhalin Naoya Hijikata,Noriyuki M. Yamaguchi,Emiko Hiraoka,Fumihito Nakayama,Kiyoshi Uchida,Ken-ichi Tokita,Hiroyoshi Higuchi Zoological Science 39巻176頁-185頁 2022年 Inter-sexual differences in contributions of helpers in a tropical population of the cooperatively breeding Grey-crowned Babbler Pomatostomus temporalis Kazuhiro Eguchi,Katura K. Mikami,Noriyuki Yamaguchi,Richard Nosuke Emu 2022年 Light-level geolocators reveal that White-throated Needletails (Hirundapus caudacutus) follow a figure-eight migration route between Japan and Australia. Pacific Science Noriyuki M. Yamaguchi,Sayaka Mori,Hiroshi Yonekawa,Daichi Waga,Hiyoroshi Higuchi Pacific Science 75巻1号75頁-84頁 2021年05月 Male and female Grey-crowned Babblers Pomatostomus temporalis in the monsoon tropics acquire breeding positions in different ways, but don't avoid incest Katsura Mikami,Noriyuki Yamaguchi,Richard A. Noske,Kazuhiro Eguchi Ornithological Science 20巻1号3頁-13頁 2021年01月 The interplay of wind and uplift facilities over-water flight in facultative soaring birds. Elham Nourani,Gil Bohrer,Paolo Becciu, Richar,O. Bierregaard,Oliver Duriez,Jordi Figuerola,Laura Gangoso,Sinos Giokas,Hiroyoshi Higuchi,Christina Kassara,Olga Kulikova,Nicolas Lecomte,Flavio Monti,Ivan Pokrovsky,Andrea Sforzi,Jean-Francois Therrien,Nikos Tsiopelas,Wouter M. G. Vansteelant,Duarte S. Viana,Noriyuki M. Yamaguchi,Martin Wikelski,Karman Safi Proceedings of the Royal Society B 20211603頁- 2021年 Nest boxes for White-throated Needletail Swift Hirundapus caudacutus to promote conservation and support ecological research Noriyuki M. Yamaguchi,Sayaka Mori,Hiroshi Yonekawa,Daichi Waga,Hiroyoshi Higuchi Ornithological Science 19巻217頁-221頁 2020年01月 Structure and possible functions of the tail 'needles' in the White-tailed Needletail Hiroyoshi Higuchi,Hiroshi Yonekawa,Sayaka Mori,Satoshi Konno,Miwa Konno,Noriyuki M. Yamaguchi British Birds 116.168-173 2023/03 Discovery of a new breeding site for the endangered Japanese Murrelet Synthliboramphus wimizusume in Nagasaki, Japan. Noriyuki M,Yamaguchim,Takayasu Amano,Tomomi Kimura,Ryu-Ichi Mine,Kosuke Otsuki,Emi Yamaguchi,Toru Nakahara Marine Ornithology 52.1.23-26 2023/03 Impacts of predation by Large-billed Crows Corvus macrorhynchos on the colony of Japanese Murrelets Synthliboramphus wumizusume at Eboshijima, Japan Praeploy Kongsurakan,Toru Nakahara,Noriyuki M. Yamaguchi Marine Ornithology 2023 GPS tracking of the two subspecies of the eastern buzzard (Buteo japonicus) reveals a migratory divide along the Sea of Japan Toru Nakahara,Kazuya Nagai,Fumitaka Iseki,Toshiro Yoshioka,Fumihito Nakayama,Noriyuki M. Yamaguchi IBIS 2022/07 Satellite tracking of migration routes of the Eastern Buzzard (Buteo japonicus) in Japan through Sakhalin Naoya Hijikata,Noriyuki M. Yamaguchi,Emiko Hiraoka,Fumihito Nakayama,Kiyoshi Uchida,Ken-ichi Tokita,Hiroyoshi Higuchi Zoological Science 39.176-185 2022 Inter-sexual differences in contributions of helpers in a tropical population of the cooperatively breeding Grey-crowned Babbler Pomatostomus temporalis Kazuhiro Eguchi,Katura K. Mikami,Noriyuki Yamaguchi,Richard Nosuke Emu 2022 Light-level geolocators reveal that White-throated Needletails (Hirundapus caudacutus) follow a figure-eight migration route between Japan and Australia. Pacific Science Noriyuki M. Yamaguchi,Sayaka Mori,Hiroshi Yonekawa,Daichi Waga,Hiyoroshi Higuchi Pacific Science 75.1.75-84 2021/05 Male and female Grey-crowned Babblers Pomatostomus temporalis in the monsoon tropics acquire breeding positions in different ways, but don't avoid incest Katsura Mikami,Noriyuki Yamaguchi,Richard A. Noske,Kazuhiro Eguchi Ornithological Science 20.1.3-13 2021/01 The interplay of wind and uplift facilities over-water flight in facultative soaring birds. Elham Nourani,Gil Bohrer,Paolo Becciu, Richar,O. Bierregaard,Oliver Duriez,Jordi Figuerola,Laura Gangoso,Sinos Giokas,Hiroyoshi Higuchi,Christina Kassara,Olga Kulikova,Nicolas Lecomte,Flavio Monti,Ivan Pokrovsky,Andrea Sforzi,Jean-Francois Therrien,Nikos Tsiopelas,Wouter M. G. Vansteelant,Duarte S. Viana,Noriyuki M. Yamaguchi,Martin Wikelski,Karman Safi Proceedings of the Royal Society B 20211603- 2021 Nest boxes for White-throated Needletail Swift Hirundapus caudacutus to promote conservation and support ecological research Noriyuki M. Yamaguchi,Sayaka Mori,Hiroshi Yonekawa,Daichi Waga,Hiroyoshi Higuchi Ornithological Science 19.217-221 2020/01 さらに表示する more MISC The effects of weather conditions on avian movements Noriyuki M. Yamaguchi,Takashi Yamamoto ORNITHOLOGICAL SCIENCE 16巻1号3頁-3頁 2017年01月 Satellite tracking of migrating Whooper Swans Cygnus cygnus wintering in Japan (vol 13, pg 67, 2014) Tetsuo Shimada,Noriyuki M. Yamaguchi,Naoya Hijikata,Emiko Hiraoka,Jerry W. Hupp,Paul L. Flint,Go Fujita,Kiyoshi Uchida,Fumio Sato,Masayuki Kurechi,John M. Pearce,Andrew M. Ramey,Hiroyoshi Higuchi,Ken-Ichi Tokita ORNITHOLOGICAL SCIENCE 14巻2号123頁-123頁 2015年07月 フォーラム 鳥学会における賞のあり方を考える 三上 修,森本 元,山口 典之 日本鳥学会誌 = Japanese journal of ornithology 57巻1号39頁-43頁 2008年04月 Social structure and helping behavior in the Grey-crowned Babbler K. Eguchi,N. Yamaguchi,K. Ueda,M. Takagi,H. Nagata,R. Noske JOURNAL OF ORNITHOLOGY 147巻5号9頁-9頁 2006年08月 The effects of weather conditions on avian movements Noriyuki M. Yamaguchi,Takashi Yamamoto ORNITHOLOGICAL SCIENCE 16.1.3-3 2017/01 Satellite tracking of migrating Whooper Swans Cygnus cygnus wintering in Japan (vol 13, pg 67, 2014) Tetsuo Shimada,Noriyuki M. Yamaguchi,Naoya Hijikata,Emiko Hiraoka,Jerry W. Hupp,Paul L. Flint,Go Fujita,Kiyoshi Uchida,Fumio Sato,Masayuki Kurechi,John M. Pearce,Andrew M. Ramey,Hiroyoshi Higuchi,Ken-Ichi Tokita ORNITHOLOGICAL SCIENCE 14.2.123-123 2015/07 三上 修,森本 元,山口 典之 日本鳥学会誌 = Japanese journal of ornithology 57.1.39-43 2008/04 Social structure and helping behavior in the Grey-crowned Babbler K. Eguchi,N. Yamaguchi,K. Ueda,M. Takagi,H. Nagata,R. Noske JOURNAL OF ORNITHOLOGY 147.5.9-9 2006/08 書籍等出版物 books 鳥の渡り生態学 樋口, 広芳 東京大学出版会 2021年06月 9784130602433 Wind Energy and Wildlife Impacts Dale M. Kikuchi,Toru Nakahara,Wataru Kitamura,Noriyuki M. Yamaguchi Springer 2019年 9783030055202 鳥類の生活史と環境適応 山口 典之 北海道大学出版会 2018年10月 鳥の行動生態学 山口 典之 京都大学出版会 2016年 日本のタカ学 山口 典之 東京大学出版会 2013年 鳥の自然史 山口 典之 北海道大学出版会 2009年 生態系サービスと人類の将来 山口 典之 2007年 動物の社会行動 山口 典之 裳華房 2003年 鳥の渡り生態学 樋口, 広芳 東京大学出版会 2021/06 9784130602433 Wind Energy and Wildlife Impacts Dale M. Kikuchi,Toru Nakahara,Wataru Kitamura,Noriyuki M. Yamaguchi Springer 2019 9783030055202 鳥類の生活史と環境適応 山口 典之 北海道大学出版会 2018/10 鳥の行動生態学 山口 典之 京都大学出版会 2016 日本のタカ学 山口 典之 東京大学出版会 2013 鳥の自然史 山口 典之 北海道大学出版会 2009 生態系サービスと人類の将来 山口 典之 2007 動物の社会行動 山口 典之 裳華房 2003 講演・口頭発表等 conference 繁殖期のハリオアマツバメのねぐら入りと活動開始の時間:日長と繁殖ステージの関係 森さやか,栗本真衣,津田真美加,小林和楽,森田暖々,今野怜,今野美和,和賀大地,山口典之,樋口広芳 日本鳥学会 2023 年度大会 2023年09月16日 2023年09月15日 2023年09月18日 小屋島で繁殖するカンムリウミスズメとヒメクロウミツバメの利用海域 中原享,岡部海都,大槻恒介,天野孝保,尾上和久,西星哉,山口典之 日本鳥学会 2023 年度大会 2023年09月16日 2023年09月15日 2023年09月18日 九州北部におけるツバメの営巣地選択と好適環境の評価 天野孝保,山口典之 日本鳥学会 2023 年度大会 2023年09月16日 2023年09月15日 2023年09月18日 フライトコールによるヤイロチョウの渡り調査 2~5年間の渡来時期の傾向~ 日本鳥学会 2023 年度大会 2023年09月16日 2023年09月15日 2023年09月18日 フライトコールによるヤイロチョウ渡り調査の試み 植松永至,小倉 豪,溝口文男,中村 豊,中原 聡,楠木憲一,岩本忠義,平田智法,黒田治男,牛込祐司,松宮裕秋,峯 光一,鳥飼久裕,中原 亨,山口典之,大槻恒介,上田浩一,貞光隆志,西 剛,古田慎一,中村滝男,森 茂晃,星野由美子,今森達也,増川勝二 バードリサーチ鳥類学大会 2021年12月19日 2021年12月19日 2021年12月20日 西日本で越冬するノスリの生息地選択 中原 亨,伊関文隆,中山文仁,山口典之 日本生態学会第68回大会 2021年03月17日 2021年03月17日 2021年03月21日 ハイガシラゴウシュウマルハシのヘルパーはどうやって繁殖地位を得るのか 三上かつら,山口典之,Richard A. NOSKE,江口和洋 バードリサーチ鳥類学大会 2020年12月19日 2020年12月19日 2020年12月20日 農村部による環境勾配におけるツバメの営巣地選択の比較 天野孝保,山口典之 2023年06月 農村部の環境勾配におけるツバメの営巣地選択と最適環境の評価 天野孝保,山口典之 日本鳥学会2022年度大会 2022年11月 追跡から判明したノスリにおける migratory divide と大陸産ノスリの正体 中原亨,長井和哉,伊関文隆,吉岡俊朗,中山文仁,山口典之 日本鳥学会 2022 年度大会 2022年11月 繁殖期のハリオアマツバメのねぐら入りと活動開始の時間:日長と繁殖ステージの関係 森さやか,栗本真衣,津田真美加,小林和楽,森田暖々,今野怜,今野美和,和賀大地,山口典之,樋口広芳 日本鳥学会 2023 年度大会 2023/09/16 2023/09/15 2023/09/18 小屋島で繁殖するカンムリウミスズメとヒメクロウミツバメの利用海域 中原享,岡部海都,大槻恒介,天野孝保,尾上和久,西星哉,山口典之 日本鳥学会 2023 年度大会 2023/09/16 2023/09/15 2023/09/18 九州北部におけるツバメの営巣地選択と好適環境の評価 天野孝保,山口典之 日本鳥学会 2023 年度大会 2023/09/16 2023/09/15 2023/09/18 フライトコールによるヤイロチョウの渡り調査 2~5年間の渡来時期の傾向~ 日本鳥学会 2023 年度大会 2023/09/16 2023/09/15 2023/09/18 フライトコールによるヤイロチョウ渡り調査の試み 植松永至,小倉 豪,溝口文男,中村 豊,中原 聡,楠木憲一,岩本忠義,平田智法,黒田治男,牛込祐司,松宮裕秋,峯 光一,鳥飼久裕,中原 亨,山口典之,大槻恒介,上田浩一,貞光隆志,西 剛,古田慎一,中村滝男,森 茂晃,星野由美子,今森達也,増川勝二 バードリサーチ鳥類学大会 2021/12/19 2021/12/19 2021/12/20 西日本で越冬するノスリの生息地選択 中原 亨,伊関文隆,中山文仁,山口典之 日本生態学会第68回大会 2021/03/17 2021/03/17 2021/03/21 ハイガシラゴウシュウマルハシのヘルパーはどうやって繁殖地位を得るのか 三上かつら,山口典之,Richard A. NOSKE,江口和洋 バードリサーチ鳥類学大会 2020/12/19 2020/12/19 2020/12/20 農村部による環境勾配におけるツバメの営巣地選択の比較 天野孝保,山口典之 2023/06 農村部の環境勾配におけるツバメの営巣地選択と最適環境の評価 天野孝保,山口典之 日本鳥学会2022年度大会 2022/11 追跡から判明したノスリにおける migratory divide と大陸産ノスリの正体 中原亨,長井和哉,伊関文隆,吉岡俊朗,中山文仁,山口典之 日本鳥学会 2022 年度大会 2022/11 さらに表示する more 担当経験のある項目 teaching experience 生物多様性・生体影響基礎実験,環境フィールド演習 II,生物多様性実験,生物多様性演習 A,生物多様性演習 B,進化生態学,生態学 II,環境生物学 II,学際基礎演習 I,動物生態学特講,動物生態学特論,環境統計学,生物多様性を考える,環境生物科学特講,野外生物調査,環境保全設計実験 B,環境保全設計演習 A,環境保全設計特別研究 生物多様性・生体影響基礎実験,環境フィールド演習 II,生物多様性実験,生物多様性演習 A,生物多様性演習 B,進化生態学,生態学 II,環境生物学 II,学際基礎演習 I,動物生態学特講,動物生態学特論,環境統計学,生物多様性を考える,環境生物科学特講,野外生物調査,環境保全設計実験 B,環境保全設計演習 A,環境保全設計特別研究 Works 競争的資金等の研究課題 research grants 希少海鳥カンムリウミスズメの保護増殖に関する研究 ー大規模捕食被害からの回復を助けるー 公益財団法人自然保護助成基金 Pro Natura fund 助成 2023年10月 - 2025年09月 研究代表者 プロ・ナトゥーラ・ファンド助成 公益財団法人自然保護助成基金 Pro Natura Fund 2021年09月 - 2023年08月 「空のニッチ」とそれを利用する空中生活者の超感覚:空中を研究の場として 日本学術振興会 科学研究費助成事業 挑戦的研究(開拓) 2020年07月 - 2023年03月 構造色由来の色彩個体差の発生機構~性選択における構造色の意味を探る~ 日本学術振興会 基盤研究(C) 2018年04月 - 2021年03月 空中食物資源の分布とその利用の解明:「空のニッチ」を把握する 日本学術振興会 挑戦的研究(萌芽) 2017年06月 - 2019年03月 研究代表者 変わりゆく地球気象の中を旅する鳥たち:気候変動が渡り鳥の移動に及ぼす影響の評価 日本学術振興会 基盤研究 (C) 2014年04月 - 2018年03月 研究代表者 ニッチ構築としての鳥の巣:未知の共生系の進化生態学的研究 日本学術振興会 基盤研究 (B) 2013年04月 - 2017年03月 つがい外配偶に起因する、繁殖時期決定に関する雌雄間の対立 日本学術振興会 若手研究 (B) 2009年04月 - 2012年03月 研究代表者 保全生態学・生物経済学・生態毒性学における進化理論の導入 日本学術振興会 萌芽研究 2007年04月 - 2009年03月 ヤマガラにおける体サイズに応じた子の性比調節の適応度利益の実測 日本学術振興会 特別研究員奨励費 2002年04月 - 2005年03月 研究代表者 希少海鳥カンムリウミスズメの保護増殖に関する研究 ー大規模捕食被害からの回復を助けるー 公益財団法人自然保護助成基金 Pro Natura fund 助成 2023/10 - 2025/09 principal_investigator プロ・ナトゥーラ・ファンド助成 公益財団法人自然保護助成基金 Pro Natura Fund 2021/09 - 2023/08 「空のニッチ」とそれを利用する空中生活者の超感覚:空中を研究の場として Japan Society for the Promotion of Science Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Challenging Research (Pioneering) 2020/07 - 2023/03 構造色由来の色彩個体差の発生機構~性選択における構造色の意味を探る~ 日本学術振興会 基盤研究(C) 2018/04 - 2021/03 空中食物資源の分布とその利用の解明:「空のニッチ」を把握する 日本学術振興会 挑戦的研究(萌芽) 2017/06 - 2019/03 principal_investigator 変わりゆく地球気象の中を旅する鳥たち:気候変動が渡り鳥の移動に及ぼす影響の評価 日本学術振興会 基盤研究 (C) 2014/04 - 2018/03 principal_investigator ニッチ構築としての鳥の巣:未知の共生系の進化生態学的研究 日本学術振興会 基盤研究 (B) 2013/04 - 2017/03 つがい外配偶に起因する、繁殖時期決定に関する雌雄間の対立 日本学術振興会 若手研究 (B) 2009/04 - 2012/03 principal_investigator 保全生態学・生物経済学・生態毒性学における進化理論の導入 日本学術振興会 萌芽研究 2007/04 - 2009/03 ヤマガラにおける体サイズに応じた子の性比調節の適応度利益の実測 日本学術振興会 特別研究員奨励費 2002/04 - 2005/03 principal_investigator 特許 patents 社会貢献活動 social contribution メディア報道 media_coverage 学術貢献活動 academic_contribution その他 etc 閉じる› close› Copyright © 2007 Nagasaki University. All rights reserved.

ビーベットの悪い評判は本当?リアルな口コミを調査 エコペイズ仮想通貨 エコペイズ仮想通貨 カナダカジノ
Copyright ©ビーベットの悪い評判は本当?リアルな口コミを調査 The Paper All rights reserved.